Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

DIE STERNTALER 【星の銀貨】

My daily life in Dallas, Texas, U.S.A.

Oral care

アラモの日記より
From Alamo's diary

冗談じゃないが、わての飼い主は本当にわての歯を磨くようになった。
あの悲劇の抜歯6本以来。

それは毎晩の拷問。
夜の散歩のあと、意気揚々と帰宅するわてを待っている。
わては自分の巣に戻ろうと走るが、バカ飼い主はゲートをぴったりと閉めてわてを入れさせん。
わては焦る。

が、わては知っている。歯磨きのあとのトリートが美味しいことを。
それも歯磨き効果があると 飼い主はほざいているが、そんなことはわては構わん。
うまければなんでもええ。

そんなわけで、最近のわては 巣に走りこむことができても 呼ばれればしぶしぶ、まじしぶしぶ出てきてやる。体は震える。なんで歯を磨かれなきゃいかんのか 今でも全く理解はできん。ともあれ、わては巣から出て飼い主の前に跪く。なぜ?なぜわてはこんなことをしてるんじゃ? わての心は「無理、いい加減にせえ、てめえ毎晩やる必要があるか?!」とわめいているのに、体は勝手に震えながら飼い主の元へ。わての飼い主は催眠術氏に違いない。


 へーい、はやく終わらせろー!!

わては辛いの図
f:id:Nancylucci:20160419223134j:image